三谷校

  • 2019/06/20

    このページの下のvoice更新しました!

    前期中間テストで頑張った三谷校の生徒たち3人が今回のテストを振り返ってお話してくれています!ぜひご覧ください。

  • 2019/06/20

    三谷校 前期中間テスト 速報!!!【更新版】

    三谷中3年 3位・5位(2名)・7位(2名)!!!【ベスト10に5人ランクイン】

    三谷中1年 1位・6位・10位!!! 蒲郡中1年 8位!!!

    三谷中2年 4位・11位!!! 5教科学校平均点プラス117.3点!!

    三谷中3年 数学100点 4名!!!

    最初のテストで、素晴らしい結果が出せました!

    本当におめでとう!!!☆彡

     

     

  • 2019/05/25

    ミスマル塾創立20周年記念 公開説明会開催!!!

    6月30日(日)   午後16:00~ もちろん無料!!

    ミスマル塾の驚異の成績上昇の秘訣教えます!

    三谷校 全員 第一志望校合格の秘訣教えます!

    特別ですよ!

    この機会をお見逃しなく!!!

     

  • 2019/03/21

    New Info !!!

    三谷校の難関高校合格者のvoiceが掲載されています!

    ぜひともこのページの下段をご覧ください!

  • 2019/03/19

    2019 公立高校入試 合格発表!!!

    三谷校 第一志望校 全員合格しました!おめでとうございます!

    豊橋東西尾国府(普通科)安城東高校!!!etc

  • 2019/03/15

    【お知らせ】三谷校 3年生 残席数が  2名 になりました。

    ※4月スタート時に、クラス増設予定はございませんので、ご検討される方は、お早目にお問い合わせください。なお、満席となった場合には、授業見学もできませんのでご了承ください。(春期講座の募集定員も残り2名です。)

  • 2019/03/10

    【緊急告知です!】

    三谷校 新中学3年生 残席数3名

    中学1年生 残席数6名です!

    2019年4月スタート時でのクラス増設はありません(春期講座生の募集も上記の学年は、残席通りです)ので、お申込みはお早めにお願いいたします!責任者 松本 浩一

  • 2019/02/27

    お待たせしました!

    ミスマル塾に入ってすぐ学年末テスト過去最高順位を出した三谷中の生徒さん2名がページ下のvoiceに載っています!

    是非ご覧ください!!!

  • 2019/02/26

    学年末テスト結果 速報!!!

    三谷中2年生 4位・5位・9位 ランクイン!!!

    三谷中1年生 3位・10位 ランクイン!!!

    おめでとう!本当によく頑張りました!!!

     

  • 2018/11/28

    【三谷中後期中間テスト速報をお知らせいたします!】

    三谷中3年生 後期中間テスト結果 2位!  3位!  7位!  10位!

    平均点格差 英語+23.8点! 数学+17.4点! 理科+19.3点! 社会+17.6点!

     

     

  • 2019年6月24日

    【脳をだます③】

    前回のお話で、脳をだましていくと『現実が変わってくる』というところまでお伝えしましたね。

    では、そもそも『現実』とは何か?私はこの『現実』というのは、存在していないのではないかと思っています。現実ではなく、『解釈』があるのだと思っているのです。

    わかりやすい例でいうと、「私は頭が悪い」という人。結構たくさんいますよね?これは現実にその人が頭が悪いのではなく、その人の勝手な『解釈』にすぎません。

    『失敗』もそう。うまくいかない状況をその人が買ってに『失敗』と『解釈』しているだけ。成功する人は、その状況、つまり「失敗」を『成功するまでのプロセス』と『解釈』します。

    話を戻せば、「自分は一番になれるに決まっている」と思った瞬間、あなたの「現実」は変わるのです。正確には『現実に対する解釈が変わる』ということです。

    例えば、これまで疲れたらすぐに「めんどくさーい。もう今日は終わりー。」とすぐに勉強をやめていたのに、「毎日決めたところまで必ずやる」ことに抵抗がなくなる。だって、自分は「1番になるに決まっている」のだから。

    したがって、「自分は1番になれる!」という現実=解釈に自分の行動も、理想に近づくようになっていくのです。だから、「同じ言葉を繰り返す」ことによって、「自分の脳がだまされ」、「思った通りの自分」に近づくような「行動」をすることになり、「理想と思っていた自分が現実になる」という図式が出来上がります。

    皆さんも、「思ったことを繰り返して言葉にする」ところから始めてみてはいかがでしょうか?

  • 2019年6月23日

    【脳をだます➁】

    前回の続きです。。。

    さて、昔すごい計画を立てたある生徒がいました。それは「次の試験で学年1位を獲る!」ということ。その生徒は普段の順位が60番前後で、過去最高でも24位が精一杯でした。

    普通に考えたら無理ですね。でも、その試験期間中もずっと、「オレは1番になる、絶対に1番、1番、1番獲る!」と何百回、何千回と心の中で繰り返していたそうです。

    ただ、あまりにも無謀な挑戦なので、脳は「ムリムリ」と反発していたでしょう。

    「あなた、今までの自分のレベルわかってんの?」と潜在意識がそう言って「理想」のイメージを払いのけようとします。しかし、その力に負けずに何度も「同じ言葉」を繰り返す。すると、どうなるか?

    脳は少しずつ騙されていくんです。

    つまり、「100%無理」→「だから、無理だって」→「そんなに言うなら、まあどうかな」→「そこまで言う?ちょっとなら可能性あるかもね」→「あるいはひょっとしたら1番いけるんじゃない?」→「なんか、行けそうな気がしてきた」→「ちょっとまって、いけるんじゃない?」→「いや、絶対に1番になれるでしょ自分!」→「絶対に1番になれる!」みたいに、潜在意識はまんまと騙されていきます。

    でも。。。「思い込むだけで、現実的な努力をしなきゃ意味ないでしょ」と思ったあなた。すばらしい!そうです。思っただけでなく、「現実的な努力」をしなければ何も変わりません。

    ところが、実際はこの「1番になるに決まってる!」と思い込んだ瞬間から、

    『現実そのものが変わってくる』

    という事態が起こるのです!続く。。。

  • 2019年6月21日

    【映画館効果】

    家で勉強するとき、自分の部屋のライトの明るさというものを考えたことってありますか?

    実は、部屋を暗くした方が集中力というのは高まります。もう少し詳しく言うと、部屋全体の明るさよりも机のライトを明るくすると集中力は3倍持続するというものです。

    机の上と比べて部屋全体のライトの方が暗い場合、部屋の中にあるモノ(本棚やら誘惑物やら)の存在が薄れます。これによって気が散らなくなるんですね。映画館と同じなんです。もし映画館で映画を見るときに館内が明るかったら落ち着いて映画を見ることができませんよね。だから「映画館効果」を利用して机のスタンドを明るくして集中するのが効果的です。

    でも、この話をすると「目が悪くなっちゃうよ」という反論が必ず出てくるでしょう。しかしながら、これってただのイメージなんです。

    医学的に、視力が悪くなるのは「明るいところと暗いところを交互に見たときに、目の調節機能が大きく使われて目の疲労につながり、視力が低下する」んです。

    したがって、机の上のスタンドをつけて長時間勉強するだけでは、視力の低下原因にはなりません。

    信じるか信じないかはあなた次第!一度はぜひ試してみてください!

  • 2019年6月20日

    【部活との両立はどう考えるべきか?】

    勉強と常に相反するモノというのが部活です。

    部活は仲間もいますし、基本は楽しいですし、休んでしまっては周りに迷惑がかかるため、簡単に欠席することもできません。ある程度の強制力がかかっているんですよね。だから、「今日は面倒だなぁ」という日でも、”とりあえず”行きますよね。そうすると、みんながいますので最初はイヤイヤでも段々とやる気が出てきます。そして、いつの間にか没頭して一生懸命に取り組んでいる状態が続きます。

    勉強と部活との両立は永遠につきまとうものです。ですから、楽しいイメージをもっている部活への取り組みを勉強にも取り入れてみましょう

    つまり、やる気がないときでも”とりあえず”勉強を始めてみる。そして、仲間がいればその中でやる(塾など)。そのような環境がないならば自分で作る(図書館へ行く)。そうすることによって、自分のモチベーションを自分でコントロールできるようになっていきます。すると、勉強そのものが少なくとも「苦痛」ではなくなります。

    それに、これから皆さんが生きていく中で、『何かとの両立』というのは常につきまとうことです。働き始めれば仕事と何かの両立。結婚すれば家庭と何かの両立。ひとつだけやっていれば大丈夫なんて甘い世界はありません。

    いまから、この『何かとの両立』を勉強していく、これこそが本当の勉強なのかもしれませんね。

     

     

  • 2019年6月19日

    【ミスコンまで残り1週間です!】

    早いもので6月も残すところ10日になりましたね。

    三谷校ではいよいよ来週水曜日には、小学生のミスコン【ミスマル塾学力コンテスト】を実施します!算数・国語のここまでやった内容の総復習テストになります。

    塾生のみなさんは、しっかりとコツコツと宿題ができているでしょうか?

    漢字は20問ぐらい出るけど大丈夫かな?

    難しいなぁという問題、理解できていない問題など、ないかな?

    お家の方も少し気にかけていただき、わからないところがあるようでしたら、いつでも対応しますので、ご連絡くださいね。

    それでは、来週楽しみにしています!

  • 2019年6月18日

    【環境の大切さ】

    かなり昔のブログにも書いたことですが、人間というのは周りの環境によって、大きく成長度合いというのが変わります

    極端な例を挙げるならば、日本人として生まれたとしても、英語圏の社会で育つと英語がペラペラになりますね。英語を話そうと思って話せるようになるのではなく、生きていくためには英語を話すことが『当たり前』になるということなんですね。

    これって実は勉強も同じです。勉強は自分ひとりで出来るというのが私の持論ですが、実際に伸び率を考えると、同じような志や勉強するのが当たり前の環境にいた方が、圧倒的に伸び率が違います勉強するという行為が、目標ではなく『当たり前』の行動になるからなんです。それは、良い意味でも悪い意味でも人間は周りに影響を受けやすいからなんです。

    さらに言えば、良い環境に身を置くことによって運気も高まります。私は占い師ではありませんが、長年受験生を教えていると難関高校に合格する生徒を見ていると、自習室に来て同じような志の生徒と共に切磋琢磨している子がほとんどなんですね。ですから、『短期間で志高く上を目指したい!』という人ほど、うまく塾・予備校を受講してほしいですね。

  • 2019年6月16日

    【目先の勉強にとらわれない】

    勉強というのは、その時期によってやること・やり方というのが変わっていきます。

    例えば、今のような中間テストが終わってしばらくテストがない時期(蒲郡地区の中学校)は、しっかりと弱点を克服することに時間を割いてほしいですね。

    あるようでないのが時間です。

    6月の残り2週間+7月の第2週までに、1・2年の特に理科・社会での苦手分野。

    ここに時間をかけましょう。ここでの時間をかけるという考え方は、覚えまくる!というのではなく、しっかりと歴史の流れ、理科の1分野での問題の解き方を理解する!ことにあります。

    焦らずに、時間をかけて熟成した理解力は、いずれ入試で大きな差となって表れるでしょう。

    この「スポット」の時期、是非とも大切に時間を有効に使ってください。

     

  • 2019年6月15日

    【中間テストを終えて】

    今年も三谷校の生徒たちは、しっかりと結果を出してくれました。

    特にどの学年が突出して出来るということでもなく、全学年において頑張っています。ただ、あくまでも結果は結果です。

    ミスマルでは、結果にこだわる以上に途中経過においてこだわりをもっています。その最たるものがテスト対策授業です。

    次のテストは9月になりますが、その前の夏期講座で再度4~7月までの内容の総復習をかけて、8月も通常授業で進みながら、弾みをつけていきましょう!

    テスト対策も大事ですが、やはり通常授業でいかに効率よく学習内容を身につけるか!こちらのほうが大切ですね。もし、授業見学したい!という方がいらっしゃったら、いつでもお越しくださいね!

     

  • 2019年6月14日

    【アウトプットの重要性】

    中学生で、なかなか点数の伸びない生徒の共通点というのがあります。

    特に暗記科目の社会であることです。それは、『きちんと覚えてから問題を解きたい』という生徒。

    でも、この方法を取る生徒の気持ちはよーーーーくわかります。2種類あるでしょう。

    ひとつは、『一気に覚えてしまいたい』。もう一つは『短時間で片づけたい』こんなところでしょうか。

    ただ、勉強っていかに覚えるか以上に、『いかに頭の中の情報を引き出すことができるか』に尽きるのです。ですので、覚えることのこだわるのではなく、読んでしっかりと理解できたら、『覚えようとする前に、問題を解く』ことをおススメします。

    ちなみに、どれくらいが理解できたかというポイントは、2割ぐらいの理解で良いです。問題を解きながら、問われる問題が何か、きちんと覚えないといけない(暗記すべき)用語は何か?というのがわかってきます。

    特に「覚えることが苦手!!!」という人は、この方法を是非とも試してみてくださいね!

  • 2019年6月13日

    【ベストテンに入る生徒】

    こんにちは。

    今日は、ちょっとミスマル塾の生徒の自慢をさせてください!

    今年の三谷校の3年生は、非常に志の高い生徒が多いです。3,4月に志望校を高めに設定した生徒のほとんどが、「4月~7月が受験期」であると決めて、非常によく頑張って勉強しています。

    何がすごいか!それは、自分で決めた目標を継続して叶えようとする姿勢です。

    この続けるというのが、なかなか難しいですよね。

    大人である私もとても感化されています。

    生徒から教えられることも多いですが、私自身も負けずに良きリーダーとして教鞭をとろうと思った今日この頃です!

  • 所在地
    蒲郡市三谷北通3丁目161 map
    TEL
    0533-67-1141
    アクセス
    三谷小学校から徒歩6分
    責任者
    松本浩一
    • 英語:松本浩一
      英語:松本浩一
    • 数学:伊東正樹
      数学:伊東正樹
    • 理科:木村勝好
      理科:木村勝好
    • 社会:中山悟
      社会:中山悟
    • 英特:鈴木良映
      英特:鈴木良映
    • 数特:濱本浩志
      数特:濱本浩志
    時間割

    2019年3月1日(金)より
    時間
    小5小4小6      小5小4小6      
    17:45〜18:30
    18:35〜19:20
    中1中2中3      中1中2中3      
    19:30〜20:20数特英特
    20:20〜21:10数特英特
    21:10〜22:00数特英特

    ※この時間割はH31年3月1日からの時間割です。新学年で表示していますのでご注意ください。


    時間割はテスト対策や祝祭日、その他諸事情により、曜日・時間帯・担当教師が臨時で変更になることがあります。

    小学生の実施教科および担当教師は基本的に下記のようになります。校舎によっては異なる場合があります。
    算数 国語 英語
    数学・社会の教師(週2回) 理科の教師(週1回) 英語の教師(週1回)

    学費情報 新着VOICE
    お問合せフォーム資料請求はこちら 豊川本部へ電話
    TOPへもどる