三谷校

  • 2019/03/25

    新学年最初の公開説明会開催!!!

    4月21日(日)午前10:30~ もちろん無料!!

    ミスマル塾の驚異の成績上昇の秘訣教えます!

    三谷校 全員 第一志望校合格の秘訣教えます!

    この説明会を逃がすとしばらく公開説明会はありません!

    この機会をお見逃しなく!!!

     

  • 2019/03/21

    New Info !!!

    三谷校の難関高校合格者のvoiceが掲載されています!

    ぜひともこのページの下段をご覧ください!

  • 2019/03/19

    2019 公立高校入試 合格発表!!!

    三谷校 第一志望校 全員合格しました!おめでとうございます!

    豊橋東西尾国府(普通科)安城東高校!!!etc

  • 2019/03/15

    【お知らせ】三谷校 3年生 残席数が  2名 になりました。

    ※4月スタート時に、クラス増設予定はございませんので、ご検討される方は、お早目にお問い合わせください。なお、満席となった場合には、授業見学もできませんのでご了承ください。(春期講座の募集定員も残り2名です。)

  • 2019/03/10

    【緊急告知です!】

    三谷校 新中学3年生 残席数3名

    中学1年生 残席数6名です!

    2019年4月スタート時でのクラス増設はありません(春期講座生の募集も上記の学年は、残席通りです)ので、お申込みはお早めにお願いいたします!責任者 松本 浩一

  • 2019/02/27

    お待たせしました!

    ミスマル塾に入ってすぐ学年末テスト過去最高順位を出した三谷中の生徒さん2名がページ下のvoiceに載っています!

    是非ご覧ください!!!

  • 2019/02/26

    学年末テスト結果 速報!!!

    三谷中2年生 4位・5位・9位 ランクイン!!!

    三谷中1年生 3位・10位 ランクイン!!!

    おめでとう!本当によく頑張りました!!!

     

  • 2018/11/28

    【三谷中後期中間テスト速報をお知らせいたします!】

    三谷中3年生 後期中間テスト結果 2位!  3位!  7位!  10位!

    平均点格差 英語+23.8点! 数学+17.4点! 理科+19.3点! 社会+17.6点!

     

     

  • 2018/10/1

    9月に行われた前期期末テストで、またまた優秀者が出ました!

    中1 三谷中 2位・9位!!!

    中1 蒲郡中 4位!!!

    中2 三谷中 2位・4位・6位!!!

    中3 三谷中 2位・3位・5位!!!

    テスト週間に入る前のテスト対策授業の時から、とても真剣に頑張っていました!

    特に受験生はこの勢いのまま受験に突入しましょう!今週末10月5日(金)には、いよいよ前期内申も貰いますね。後期につなげられるように、ともにミスマルでがんばりましょう☆彡

  • 2018/07/11

    前期中間テスト 優秀者一覧です!

    三谷中1年生 2位ランクイン!

    三谷中2年生 2位!3位!8位!9位!ランクイン!

    三谷中3年生 2位!3位!10位!11位!ランクイン!

    よく頑張りました!ミスマル生すばらしい!

    志ある人たち、ミスマルへ集え!

  • 2019年4月20日

    【全部覚えなくていい】

    こんにちは。責任者の松本です。

    生徒の中には、抜群に記憶力が良い生徒というのがいます。

    一方で、「いくらやっても覚えられない」という生徒が多いのも事実です。

    その大半は、圧倒的に勉強時間が不足しているのですが(笑)、カウンセリングをしていると、『すぐに忘れてしまうので、社会はテスト週間に入ってから勉強する』という生徒が時々いらっしゃいます。

    どういうことかというと、早めに勉強すると忘れてしまうので、覚えている間にテストを受けたい、ということらしいですね。

    でも、これってかなり問題ですよね?だって、入試問題は全ての範囲が出ます。入試直前に全てを勉強するのは不可能に近い。

    だから、発想の転換をしましょう。すぐに「覚えなきゃならない!」ではなくて、いかに「思い出すことができるか」という考え方です。そのためには、何度も繰り返すことによって思い出せる情報を最大限まで引き出すこと。

    忘れているときには、「まぁ、人間忘れる生き物だからね」と、いい意味で開き直ること。

    その積み重ねを出来た人が、最終的に結果を出します。勉強で大事なのは、単純な丸暗記に頼らないことですね。

  • 2019年4月19日

    【トップ校へ合格する生徒の特徴は?】

    いわゆるトップ校へ合格する生徒と、それ以外の高校へ行く生徒との違いはどこにあるのでしょうか?(これは、別にトップ校へ進学する生徒を推奨する内容ではありません。あくまでも、トップ校へ行きたい!と思っている生徒に関するお話です。)

    おそらく一般的には「トップ校へ合格する生徒は元々頭が良い生徒」と思われているという認識が強いと思います。しかしながら、20年以上のキャリアを持つ私からすれば、それは大間違いです。

    私の経験では、トップ校へ合格する生徒は以下のような特徴があります。

    ➀目標校を4~6月の間に決めている

    ②目標を決めるのが早いので普段から勉強するスタイルを作っている

    ③基礎固めに時間をかけ、簡単なレベル~標準的な問題を繰り返しこなし、ミスが少ない

    れだけです。えっ?それだけ?もっと難しい問題を解いていたり、1日の勉強時間が長くないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

    ただ、『毎日勉強するのが当然だ』という意識を常に持っていることは確かです。人間なので、必ずしも毎日勉強をこなせるわけではないのですが、『勉強』という文字が頭から離れない日はありません。

    結局、トップ校へ合格する生徒というのは、『意識』が違います。別の言葉で表現するならば『覚悟』が違うとでも言いましょうか。

    だから、頭の良しあしではなく、トップ校へ合格したいとあなたが思うならば、『覚悟』を決めて一歩踏み出す勇気を持つということです。それも、この時期に!

    受験にフライングはありません。トップ校へ合格する生徒は、夏からが本番ではなく、この4~6月が受験だと思って是非とも取り組んでください!

  • 2019年4月18日

    【新1千円札】

    またまたシリーズ化したお札にまつわるニュース。でも、新しい紙幣(お札)は2024年に発行なんですね!

    さて、最後の紙幣新1円札のお顔は『北里柴三郎』さんです。

    この方は、かなりの有名人かなぁとは思います。お医者さんで、かつ細菌学者でもありました。

    といっても数々の偉業を達成した医者です。世界で初めて破傷風菌の培養に成功して、破傷風菌の毒素を中和する抗体を発見し、破傷風などの感染症を抑える『血清療法』を開発しました。(当時は、破傷風にかかると死亡率が50%といわれていましたから、すごい発明ですよね。)

    もっと、簡単にいえばみんなが悩まされるインフルエンザの治療も北里先生のおかげですね。

    この方の何がすごいっていうと、『医学の使命は病気を予防することにある』という視点に立った医者だったということです。今では予防医学は当たり前ですが、当時は病気になってから医者にかかるというのが普通だったんですね。その北里先生の名言がこちら↓

    熱と誠があれば何事も達成する。

    もし行き詰ったものがあるならば、

    これは熱と誠がないからである”(一部抜粋)

    物事は往々にして、思い通りにいかないことが多々あります。

    もし、まく行かないのであれば、それはすべて自分のせいだということ

    だから周りのせいにすることなく、自分をもっと磨いて向上させなさい、という意味かなと思います。

    いつの間にかまたシリーズになってしまいましたが、名を残す人は、グッと歯を食いしばってどこかで人知れず頑張った人なんだと思います。

    私たちもそんな偉人に少しでも近づけるように、お互い切磋琢磨してがんばりましょう!

  • 2019年4月17日

    【新5千円札】

    昨日の続きでの新しいお札シリーズです(笑)。

    これまた知らないお名前だと思います(生徒たちは)。新しい5千円札の顔には、『津田梅子』さんが選ばれました。

    津田梅子さんは、津田塾大学を創ったというのは有名ですが、もちろんそれだけではありません。1871年に岩倉使節団の一員として満6歳で渡米します。(すごい!)そして、アメリカで11年間教育を受けた後に帰国し、女学校で教えるとともにナイチンゲールやヘレンケラーと交流を深めた人です。

    その後、日本女性の置かれている地位の低い状況にショックを受け、その地位向上のために自分自身で学校を作ろうと決意して、再び渡米し生物学を専攻。論文がイギリスの学術誌に載るなどした、元祖「リケジョ」です。女性の地位向上に貢献した方ですね。そんな津田梅子さんの名言を紹介しますね。

    何かを始めることはやさしいが、

    それを継続することは難しい。

    成功させることはなお難しい。

    決意をもって始めること、そして続けること、さらには物事が成功するまであきらめないこと、という風にも読めると思います。

    みなさんも、まずはこの春何か決意をもって始めてみようではありませんか!

  • 2019年4月16日

    【新1万円札】

    さて、先日『渋沢栄一』という方が、新しい1万円札の顔になることが決定しましたね。この渋沢栄一さんとはいったいどのような方だったのでしょうか?歴史が得意な生徒は、「あー、銀行作った人ね?」とすぐに出てくるかもしれませんが、実はそれだけではないんですね。

    おおまかに言えば、資本主義の父とも呼ばれ(よくわからないですよね)、約500社の会社設立にかかわった人です。ほとんど、みなさんが知っている会社で、今も大手の会社ばかりですよ。でも、ただ会社を作っただけではないんですね。

    会社とは単に利益を追求するのではなく、公共(世の中の人々)のためにならなければ、事業(会社を作って存続する)の意味はない、とも言った人です。世の中で成功した人というのは、やはり夢があって人のためになることをすべきという強い信念をもっています。その渋沢栄一さんの言葉で素敵なのがあるので、是非とも紹介したいです。

    なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

    いいでしょ??簡単に言えば、『幸せになりたければ、夢を持たないとだめだよ』ということだと思います。今は夢がない人も多いかもしれませんが、夢を持とうという気持ちを持ち続けていればきっと夢が出てくると思います。小さなことにこだわらず、是非大きい夢をもって頑張りましょう!

     

  • 2019年4月15日

    【ちょうど1週間】

    こんにちは。三谷校責任者の松本です。

    さて、新年度がスタートして今日でちょうど1週間がたちますね。

    だんだんと周りの友だちの名前と顔が一致し始めていると思います。また、中学生はそれぞれの教科担当の先生の顔や雰囲気、性格なんかもわかり始めたかなぁと思います。

    ここで大事なのが、その先生がどのような人なのかよく観察することです。

    性格が良いとか悪いとかじゃないですよ!(笑)それぞれの教科担当の先生が、みなさんを評価するポイントはいったいどこにありそうか?ということを、じっくりと観察してください。

    例えば、数学の先生はノートをキレイに書いてある子を褒めるとか、社会の先生は授業中によく手を挙げさせて答えを言わせている発言重視の先生だとか、国語の先生は一方的に話すけれども、授業中にの私語は絶対に許さない、という点です。

    つまり、その先生の評価しそうな『クセ』を見極めるということです。これは、内申対策です。

    「えー!内申上げるために、そんなことやんなきゃならないの?先生にこびを売るのなんかイヤだよ!」という生徒もいるかもしれませんが、そんな小さなことではないんです。

    これは、戦略といって世の中に出てからも人付き合いにおいて、とても大切なことですよ。(詳細はまた今度にして)是非とも、その先生の『クセ』を見極めて、自分を「正当に評価」してもらうように頑張りましょう!

  • 2019年4月14日

    【少し先を見据えてみよう】

    責任者の松本です。いつも、このブログは私が更新しているのですが、今年の三谷校は昨年までと違いって教師が6人体制で稼働しております。どの教師もわがミスマル塾が誇りを持って自慢できる教師です!

    さて、本日の題名ですが「4月ってのんびり出来て気持ちいいですよね!」という生徒・保護者の方が多いです。または、新入生などは「あたふたしてそれどころではないですよ!」と言われる方もいると思います。でも、中学生の皆さんはこれ、とても危険です!

    4月なんて、あっという間に終わりますよ~。

    GW連休明けて1週間経てば、三谷中は最初の中間テストまで残り2週間という状態です。別に4月中に「勉強しろー!」というつもりは全くありません。ただ、『5月の末にテストがあるんだね!』ということを意識してほしいんです。

    人間は、不思議なもので、意識するとそれに合わせて行動していまうものです。5月末にテストがあるという意識があるだけで、『そろそろ勉強始めないといかんなー』という『意識』が芽生えるんです。

    皆さんも年間行事予定表を見て、いつ・どこで・どんな時期に・どんな行事があるか、というのを見てみるだけで、結果へのアプローチが変わると思いますよ!

  • 2019年4月13日

    【学ぶは『まねぶ』】

    大人はよくわかると思いますが、小中学生には耳慣れない言葉かもしれません

    勉強のみならず、何事も成功した人の通りやることっていうのは、成功への近道になります。

    なぜでしょうか?これは感覚的にわかると思います。

    例えば、みなさんが野球がうまくなりたいと思っているとしましょう。そのときに、そこらへんのコーチのアドバイスと、先日引退されたイチローさんのアドバイス、あなたならどちらを受け入れて実践しようとしますか?一目りょう然ですよね?もちろん、イチローさんのアドバイスです。そして、次にあなたはどんな行動をとると思いますか?イチローさんが、うまくなっていった練習方法というのを取り入れるのではないでしょうか?

    その方法が完全にあなたにあてはまらなかったとしても、『マネ』をすると思います。それは、当然のことです。

    人は成功者のマネをすることによって成功する確率が高まるからなんです。

    だからこそ、「人のマネをすることは大切」なんです。しかも、その方法は特殊なモノではダメです。簡単にいうと、やり方が理解できて、自分でもなんとかできそうという類のものでなければならないということです。つまり、再現性という観点でモノを見るということですね。

    だからこそ、是非うまくいっている人、【勉強で言えば、順位があがっている人、内申が上がった人、高校入試に成功した先輩】のやり方をマネてください。

    究極的に言えば、完コピ(完全にコピー)してください!これからも、頑張っていきましょう!

     

  • 2019年4月12日

    【勉強の記録を残すことの重要性】

    みなさんは勉強したとき、要は問題を解いたときってどうしていますか?

    たいていの生徒たちは、問題を解きました→〇✕つけしました→はい、おしまい!

    こんな感じじゃありませんか?果たしてこれで力はつくのでしょうか?もちろん!つきません。なぜでしょうか?それはただ単なる『作業』だからです。

    つまり、『問題を解いて、〇つけをする』動作だけということなんです。

    つまるところ、勉強というのは、『出来ないところをあぶりだして、出来るようにする』ことなのですが、作業だと頭を使わないで、手だけが動いているという状態なんですね。

    これを予防するのに一番良いことが、『勉強の記録を残す』ことなんです。具体的には以下の方法です。

    ①問題ごとに、わかったのか?あやふやなのか?わからないのか?を記号を決めて書いておく。(例えばわかったのは〇、あやふやなのは△、わからないのは✕)

    ➁解いた日付と正誤(〇✕)をページの上に書いておく

    ③問題を解くことで気づいたことを、ワークにそのまま書き込む。(ノートではないですよ!)

    つまり、自分の軌跡を残すということですね。人間は忘れやすい生き物です。きちんと、痕跡を残せば自信にもなるし、自分で書いた文字って結構思い出したりします。出来る生徒は、コレ、しっかりとやっていますよー!!!

    この記事読んだ君!是非ともやってみよう!

  • 2019年4月11日

    【チャンスととらえる】

    新年度がスタートして、環境も変わった人もたくさんいるでしょう。新しい担任の先生、新しい各教科の先生、新しいクラスメート、などなど。戸惑っている人も多いとは思いますが、環境は常に変わるものです。では、新しい環境で最高のスタートを切るにはどうすれば良いか?

    新しい人と初対面で話す場合は、普通少しよそよそしい態度でお互い接すると思います。この、よそよそしい態度を劇的に変えるのに効果的なのが『相手の名前を必ず呼ぶ』ことです。

    人は会った回数・接触する回数に比例して相手の好感度が次第に上がっていく傾向があります。これを社会心理学の言葉で『ザイアンスの法則』と呼びます。(ジャイアンツではありませんよ(笑))

    名前を呼ぶって、意外とシンプルだけど最高のコミュニケーションの取り方なんですね。だから、なるべく早く周りの人の名前を覚えて、その人をきちんと名前で呼ぶように心がけてみましょう。きっと、それだけでお互いの距離がグッと縮まりますよ!

  • 所在地
    蒲郡市三谷北通3丁目161 map
    TEL
    0533-67-1141
    アクセス
    三谷小学校から徒歩6分
    責任者
    松本浩一
    • 英語:松本浩一
      英語:松本浩一
    • 数学:伊東正樹
      数学:伊東正樹
    • 理科:木村勝好
      理科:木村勝好
    • 社会:中山悟
      社会:中山悟
    • 英特:鈴木良映
      英特:鈴木良映
    • 数特:濱本浩志
      数特:濱本浩志
    時間割

    2019年3月1日(金)より
    時間
    小5小4小6      小5小4小6      
    17:45〜18:30
    18:35〜19:20
    中1中2中3      中1中2中3      
    19:30〜20:20数特英特
    20:20〜21:10数特英特
    21:10〜22:00数特英特

    ※この時間割はH31年3月1日からの時間割です。新学年で表示していますのでご注意ください。


    時間割はテスト対策や祝祭日、その他諸事情により、曜日・時間帯・担当教師が臨時で変更になることがあります。

    小学生の実施教科および担当教師は基本的に下記のようになります。校舎によっては異なる場合があります。
    算数 国語 英語
    数学・社会の教師(週2回) 理科の教師(週1回) 英語の教師(週1回)

    学費情報 新着VOICE
    お問合せフォーム資料請求はこちら 豊川本部へ電話
    TOPへもどる