氏名:
中村剛史(なかむらつよし)
担当教科:
社会
担当校舎 小坂井校・豊川駅前校・諏訪駅前校
趣味 ドライブ 愛犬と散歩
好きな言葉
(座右の銘)
死ぬこと以外かすり傷
教師紹介
静岡県焼津市出身。学生時代は甲子園を目指して野球に没頭し、厳しい環境の中で精神と根性を磨き上げる。大手進学予備校では塾長松本とは1年年長で、当時県内最大の本部の本部長を務め、新設校舎を全社最大の校舎まで育て上げた辣腕教師。話術はミスマル塾の中でも群を抜く。授業スタイルは、1時間喋りっぱなしの、怒涛のマシンガントーク型。熱い教師で、生徒たちのよき理解者であるとともに厳しい指導者として、生徒・保護者からの信頼も厚い。
生徒へのメッセージ
初めて教壇に立ったのが1993年。気がつけば30年近く塾の教師をしています。30年近く教壇に立っていますが、初心を忘れずに、まるで20代の若い駆け出しの頃のように(いや、それ以上に)常にだれよりも元気で、だれよりも明るくアグレッシブな授業を心がけています。楽しくわかりやすいのは当たり前、嫌なことがあったときや落ち込んだときに、元気になれるような授業を届けられるよう、日々研鑽しています。
中村剛史