柏原校

  • 2019/6/1

    2019年度第1回テスト結果

    柏原中1年生 学年順位でTOP10にランクイン!!

    柏原中3年生 学年順位3位!!

    柏原中2年生 入塾直後自己ベスト達成 入塾直前定期テスト 

    1年第7回テスト122位 →2年第1回テスト63位!!で59位up!!

    鷹来中1年生 学年順位でTOP10にランクイン!!

  • 2019/6/1

    公開説明会開催

    ミスマル生の成績向上の秘訣をお話しします!

    参加特典は、入学金・年間教材費・入塾月諸経費・入塾月授業料が無料になります。

    日程は、トップページのバナーでご確認ください。

  • 2019/3/13

    柏原中新3年生 2年第7回テスト学年順位TOP3ランクイン!!

    柏原中新3年生 入塾後自己ベスト達成 入塾直前定期テスト74位→2年第7回テスト22位!!

    春日井西部中3年生 入塾後順位上昇↑↑ 入塾直前定期テスト51位→2年第7回テスト27位!!

  • 2019年6月24日

    今週末から高等学校野球選手権愛知大会が開幕です。私の好きな季節かやってきました。テンションがあがりますね。なぜこれほど高校野球に魅かれるのでしょう。私なりに理由が2つあります。みなさんも興味があれば、ぜひ球場に足を運んでみてくださいね。

    ■ひたむきな全力プレー

    負けたら引退となるこの大会は、プロ野球とは一味違うスリル感たっぷり。球児たちは一瞬一瞬のプレーに全てを賭け、時には想像できないよう大逆転劇も。たとえ知らない高校であっても、全力で頑張る球児たちの姿に心を奪われてしまうことがあります。球児のひたむきなプレイが心を動かし、大きな勇気を与えてくれます。

    ■自身の学生時代を思い出す

    大人になると、自分の学生時代を思い出す機会は少ないものです。ひたむきにプレーをするキラキラした球児を見ると、つい自分自身の学生時代と重ね合わせ、自分にもあんな頃があったなと青春を思い出したり、大人になるにつれて忘れてかけていた感情が蘇ってくることがあります。

    (荒井)

  • 2019年6月18日

    右鎖骨を骨折して手術しました。

    手術前後は箸も握れず、寝起きすら激痛だったのですが、2週間たった今、痛みのピークも過ぎ、ある程度自分で出来るようになってきました。

    とは言え、まだ右手はまっすぐ上がりません。黒板の上端を眺め、「あぁ、こんなに高かったのだなぁ」と憎らしく思う毎日です。

    ということで、黒板の下2/3だけでコツコツ(骨だけに)授業していきますね。

    (古川)

  • 2019年6月11日

    何故、読書するのか、学ぶのか。

    その答えの1つとして、「人生を簡単にする。」というのがあると私は思っています。

    自分よりも賢くて、成功している人間の考え方を学ぶことで、知識を手に入れ、成功しやすい考え方、体質を身に付ける。

    ゲームの攻略本と同じで、最初から課題を乗り越える方法がわかっていたら楽ですよね。

    だれもが失敗と成功なら、成功が良いと思います。

    同じ人間なので、同じようなことに悩み、同じようなことで失敗する。それを乗り越えて成功した人がいて、それを知識として後世に残してくれている。

    ありがたいことですね。

    (松下)

     

  • 2019年6月4日

    6月よりミスマル塾の春日井市内の4校舎目である出川校が開校致しました!!

    それに伴い、私も柏原校の責任者に就任し、身が引き締まる思いで日々を過ごしています。

    塾長の松本がかつて私に「人が立場をつくることもあれば立場が人をつくることもある」という言葉をかけてくれたことを、ふと思い出しました。

    人は新しい環境に身を置くことで多くのことを学び、成長していくと私自身も確信しています。

    新入塾生もどんどん増えているので、生徒と共に私自身も成長していけるよう精進していきたいと思います。

    (村上)

  • 2019年5月27日

    中学生のテストが終了し、結果の返却が始まりました。テストの後に「凡ミスしてしまった!」という言葉を耳にすることがあります。そこで、私が考える2つのポイントがあります。

    ①時間配分に慣れることが、ミスを防ぐカギ

    数学での計算ミスも、時間に対する焦りが原因となる場合が多いものです。その対策として、日頃から練習問題を解くときには時間を測るようにしましょう。どれくらいの時間を要するかを常に意識することで、まず計算のスピードそのものが速くなります。さらに、「この問題は○分で解ける」と把握できるため、テストで適切な時間配分ができ、焦らなくなります。

    ②問題を解き終えた後が、ミスを見つける最後のチャンス

    すべての問題を解き終えた後の見直しの時間は、ケアレスミスを発見する最後のチャンスです。終わったからといって一安心せず、「ミスは必ずある」という気持ちで、指でなぞりながら問題を見直すことでミスを発見できることがあります。

    私はミスをしない人間はいないと思います。しかし、必ず減らすことはできると思います。是非、この2点を参考にしてみてくださいね。

    (荒井)

  • 2019年5月20日

    家庭菜園を始めました。と言っても、プランター一つのお手軽なものですが。

    荒井先生が詳しいので一緒に農協に行ってもらって苗や土を買い、息子と一緒に植えて水やり当番を決めました。

    一日でそんなに変化は無いのですが、毎朝成長を眺めるのが日課になっています。

    子どもたちの成長を見つめるのとなんだか似ています。

    テストの結果と、野菜の収穫。2つ楽しみなものができました。(古川)

  • 2019年5月14日

    最近、youtubeで鴨頭嘉人さんの講演を見ることにハマっています。

    最初は胡散臭いな、と思ったのですが、初めて見た講演の動画で泣けました。

    良い情報を周りに配信することで、世界をより良くしていく。

    そのためには、常に学び、考えなければいけない。

    私も、周りからよい影響を受け、良い影響を与えられるように、日々、本を読んだり、資格の取得を目指したり、生徒達に負けないように学んでいこうと過ごしています。

    (松下)

  • 2019年5月5日

    ついに令和になりましたね!!

    昭和生まれの私にとってはこれで3つ目の時代になる訳ですが、やはり平成が終わったことには個人的にももの寂しさや感慨深いものがあるのは確かです。

    ただ年号というものには今後の日本をどのようにしたいかという願いが込められているようで、令和の意味合いにあるような個々の個性を活かしながら皆が協力して共生できる世の中を目指すという考えには非常に現代の日本らしさを感じ、共感も出来ます。我々もその一員になれるように前向きに新たな時代を築き上げていきたいと感じる今日この頃です。

    (村上)

     

  • 2019年4月30日

    GW休み中ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。計画的に過ごせていますか。

    計画的に物事を進めるために大事なことは、①自分の弱点を知ること②目標の設定すること③目標を宣言することの3点にあると言われています。私は②にポイントがあると思っています。目標を設定したら、紙に書いていつも目に付く場所に置くことをお勧めします。目に付くことによって意識も高まると思います。

    ミスマル塾では5/5(日)からテスト対策授業が始まります。今年度の1回目のテストになります。素晴らしいスタートを切れるよう準備していきましょう。

    (荒井)

     

  • 2019年4月21日

    今年も「俳句大賞」の季節がやってきました!

    小学生は毎年、お題に沿った俳句や川柳を作り、それを「俳句大賞」として選出しています。

    今年もたくさんの句が集まり、教師一同、頭を悩ませながら選びました。中にはクスッと笑える句、子供らしい句、それとは逆に大人顔負けの句もあり、塾で見る生徒とは違う、家や学校での素顔を垣間見れた気がしました。

    また来年も、良い俳句や川柳を見れるのを楽しみにしていますね。(古川)

  • 所在地
    春日井市柏原町4-68 map
    TEL
    0568-37-2020
    アクセス
    柏原小学校より西へ徒歩1分
    責任者
    村上和也
    • 英語:松下祐己
      英語:松下祐己
    • 英語:斉藤祐右
      英語:斉藤祐右
    • 数学:荒井克己
      数学:荒井克己
    • 理科:古川三郎
      理科:古川三郎
    • 社会:村上和也
      社会:村上和也
    時間割

    2019年3月1日(金)より
    時間
    小5     小4小6 小5     小4小6 
    17:45〜18:30
    18:35〜19:20
    中3T中3S    中1中2 中3T中3S    中1中2 
    19:30〜20:15
    20:15〜21:00
    21:00〜21:45数特数特英特英特英特英特数特数特


    時間割はテスト対策や祝祭日、その他諸事情により、曜日・時間帯・担当教師が臨時で変更になることがあります。

    小学生の実施教科および担当教師は基本的に下記のようになります。校舎によっては異なる場合があります。
    算数 国語 英語
    数学・社会の教師(週2回) 理科の教師(週1回) 英語の教師(週1回)

    学費情報 新着VOICE
    お問合せフォーム資料請求はこちら 豊川本部へ電話
    TOPへもどる